日本でも海外でも使えるクレジットカードの国際ブランドとは?

クレジットカードの国際ブランドとは?

クレジットカードの中で国際ブランドというものは、一つの国のみだけで使えるものではなく、様々な国で使うことのできるクレジットカードの決済システムのことです。
一番知名度が高く、誰でも知っているものといえばVISA(ビザ)と、マスターカード(Master Card)といえます。
両方とも海外のわりと小さなお店でも使えるというところが多いです。

国際ブランドの2強がVISAとマスターカード

カードの発行数も世界の中でその二つが90%以上というデータもあります。
それでこの二つがついていればとりあえず世界のどこででも買い物が可能ということになります。

日本の国際ブランドがJCB

もう一つ、特に国内でも有名なのは、JCB(ジェーシービー)カードです。
これも日本では知名度は高いですが世界では、日本人のよくいく観光地に使えるお店が多いともいえます。
上の二つと比べると、世界的には知名度や利用できるところは少ないといえます。

トラベル&エンターテインメントのアメリカン・エキスプレス&ダイナースクラブ・カード

他にはアメリカンエキスプレスがあります。
これは名前にもついている通り、北米を中心に使えるお店が多いカードとなっています。
その他にはダイナースクラブというカードもあります。
これは、持っているだけで、憧れになるようなカードともいえます。
高級店のみでしか使えなかったり、一般的なスーパーなどでは使えないことも多いので、最初にもつカードとしては不向きともいえます。

中国専門の決済システム、中国銀聯(ちゅうごくぎんれん)

そのほかに知名度はあまり高くありませんが、中国系のクレジットカードもあります。
ただし国内で使えるお店はほとんどなく、中国へ行く場合にはあると便利ともいえるカードとなっています。

以上がクレジットカードの国際ブランドの代表的なものです。
国際ブランドのものは、世界中で使うことのできるものです。
海外旅行に行くときなど、紙幣をその国のものに両替をするのが手間な場合は、国際ブランドのカードがあればとても便利ともいえます。