クレジットカード審査に落ちる要因とは?

クレジットカードは信頼=クレジットを表す


クレジットカードは、多額の現金を持たなくても買い物ができる便利さがあります。
また、今現金の持ち合わせがなくても後日引き落とし日までに指定口座に入金しておけばよいという点でも、消費者にとっては非常にメリットがあるシステムツールです。
しかし、その便利さはあくまでも契約者の信用で成り立っています。
だからこそ、それを手にするまでには厳格なクレジットカード審査があるのです。

クレジットカードの審査は信用を問う

さて、この審査ですが通過する基準については公表されていません。
ですから、場合によっては審査落ちも考えられますが、いったい何が基準に達せず通過できなかったのかといった理由はハッキリと判明しないのです。
しかし、そうはいっても審査の通過にだいたいの傾向があることは間違いありません。
今回は、審査落ちにはどういった要因があるのかをご紹介します。

落ちる理由①信用がない行動をくり返していた

まずは、信用調査の基準に達していないといった要因です。

クレジットカード審査には、民間の信用調査機関の個人情報が使用されます。
過去に未払いがないか、返済の遅延を繰り返していなかったかといった情報、また現在の収入額などを総合して判断することになっています。
仮にアルバイトや非正規雇用者であっても審査に通る可能性はありますが、それでもあまり低い収入だと返済能力に疑問がつき、審査落ちとなる可能性が高くなるのです。

落ちる理由②手続き上のミスも疑おう

次は、基本的なことですが申込用紙の記載についてです。
実は、意外と多いのがこの申込みの際の記入ミス、もしくは正確性に欠ける記載で審査落ちになるパターンなのです。
過去に信用問題もなく、また現在定期的な収入もある方が審査落ちとなるのは、多くはこれが原因とされています。
住所・名前・電話番号はもちろんのこと、勤務先の事業所や連絡先などをきちんと正確に、誤字脱字のないよう丁寧に書くことが大切です。