日本のゴールドカード生活とは?

ゴールドカードにもいろいろなものが今は存在している


ゴールドカードというと一昔前は、それなりの年収や信用がなどがないと発行してもらえない存在であったのですが、現在は、その意味あいもちょっと変わってきているようです。
では、現在のゴールドカードというのは、どのようなものが存在するのでしょうか?

大手クレジットカード会社のゴールドカード

まず大手と言われる会社が発行している本物のカードがあります。
たとえばアメリカン・エキスプレス・ゴールドカードや、三井住友VISAゴールドカードなどです。
これは、昔も今も、同様に高い信用のもと発行されているもので、それなりの年収や信用がないと、持つことができないカードとなっています。
審査基準が一般カードと比べて、厳しく、取得資格も300万円以上の正社員などと厳しい制限のもとに発行されていたりするのです。

ゴールドカードは持つことそのものがステータス

また、ゴールドカードを持つ事ができる場合、かなりの付加価値がついてきます。
その中には、空港などにあるラウンジなどが無条件に無料で使用できたり、海外のどこからでも、医師や看護婦などのサポートが受けられたりします。
外国でありながら、その際に自分が使用している言語、つまり日本語での対応をお願いできたりするのは、基本的にゴールドカード以上のサービスとなります。
また、一般カードよりはるかに高い保険サービスも受けられます。
ゴールドカードを持っていることで使うことができるサービスは、いたれりつくせりと言えるほどです。

ゴールドカードのサービスは年会費が有料だからこそ

このゴールドカードのサービスに対して、払うべき対価としては、高額の年会費があります。
個々のサービスは素晴らしいものの、一般カードと比べて割高の年会費になっています。
その年会費や特典の分だけ、いろいろなサービスを受けることができるようになっていると考えましょう。
一般カードと同様の審査レベルで取得ができないのは、その収入が負担に耐えられるかどうかを判定してもいるのです。
ただ一点、大きくちがうところは、キャシングの部分です。
この金額は審査によって変化するものであります。
使用目的と収入によって使えるゴールドカードは違いますが、あなたの生活レベルに合わせて利用すれば良いと思います。